問題視される介護業界の人材不足

高齢化や過疎化の話題が大きくクローズアップされる時代の中で、福祉医療の分野への注目度が日に日に増してきています。先進国の中でも高齢化のスピードが格段に早いとされる日本においては、重大な課題としてあげられており、迫りくる高齢化社会への対応が急がれています。

厚生労働省をはじめ関連省庁では、さまざまな方法を駆使して事態打開に向けた取り組みを模索しています。しかし、その結果は決して満足いくものではなく、常に更なる対策の必要性に追われています。医師や看護師、ケアマネジャーなどの医療介護現場を担う従事者の人手不足の問題も取り上げられるなど、各医療介護現場では、一刻の猶予も許されない状況が続いています。

そんな中において、生活相談員の役割にも期待が寄せられています。生活相談員になるためには、人のために役に立ちたいとする志のようなものが必要といえるでしょう。相談に乗るというのは、相手の心に寄り添う姿勢がなければできることではありません。

今般の介護現場については、介護需要が多くある一方で、施設の数が足りない状況が続いており、何かと問題視されています。介護施設やケアハウス、老人ホームなどに加えて、無届け介護ハウスも急増しているとされ、地元自治体も現状の把握と問題解決に向けた動きを活発化させています。そんな中、入居者や通所者、その家族と自治体や病院などとの間に入り、その調整役をつとめる生活相談員の役割は日に日に重要性を増しているのです。

「人の不安を解消したい」「介護業界を支えたい」という気持ちがあるのであれば、生活相談員の道を志してみてはいかがでしょうか。利用者の不安を解消できたときには、大きなやりがいと達成感を感じられるはずです。

2017年5月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ